アコム

人気のアコムの申込みの前にプロミスと達人が比較してみたよ

カードローンで人気と言えばやはりアコム・プロミスです。どちらも似たようなサービスですが細かく違う点がありますのでその違いが申込んだ後で後悔に繋がらないようにしっかり分析したいと思います。

基本スペック

- 実質年率 借入限度額
アコム

3.0%〜18.0%

最高800万円

プロミス

4.5%〜17.8%

最高500万円

ほぼ同じですが若干プロミスの方が低くなっています。特に最高金利ははじめに適用される金利ですので重要です。短期では利息にそれ程の違いはありませんが、長期の返済になると結構長くの利息の違いになってきます。

無利息サービス

アコムとプロミスは数少ない無利息サービスを提供するカードローンです。どちらも『30日無利息』を歌っていますが実は大きな違いがあります。

- 借入限度額
アコム 契約日の翌日から30日無利息。ですので契約してから借入が遅くなってしまうと無利息期間が減っていき30日後には消滅してしまいます。初めての申込時の一回限り。
プロミス 初回の借入から30日無利息。ですから契約から借入が遅くなっても初回は必ず30日無利息になります(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)。さらにポイントが貯まればその分無利息期間が再度付与されます。

申込んですぐ借入するのであれば大差はありませんが、とりあえず咲きにカードを作っておくだけならプロミスなら無利息期間が減りませんので有利になります。

編集部が大手消費者金融を選ぶならこれ!

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
モビット

実質年率 4.8%〜18.0%
借入限度額 最高500万円

アコムなら土日でも即日融資が受けられる

消費者金融のアコムは様々な便利なサービスが存在しており、即日融資も当然用意されていますが、このサービスはなんと条件次第で土日祝日でも即日融資が受けられる場合があります。平日の即日融資と手続きはほとんど変わらず、

 

 

  • WEB申込
  • むじんくんでの契約

があります。WEB申込またはむじんくんでの申し込みに関しては、審査回答時間に関しては9時から21時までとなっていますが、ここで注意したいのは即日融資を受けるためには契約自体を午後2時までに完了しなくてはならないということです。

 

もしむじんくんに行って直接契約をする場合には移動時間なども含めて計算しなくてはならないので注意が必要になります。WEB申込でもむじんくんでも契約完了の時間締め切りが午後2時ということを考えて、審査時間なども含めて行動しなくてはいけないのでなるべく早く申し込みをした方がいいと思います。

 

無事に契約が時間内に完了したら次は即日融資となりますが、これに関しては楽天銀行口座を持っていると大変簡単に融資が可能となります。というのも楽天銀行口座の場合はほぼ24時間の振込受付に対応していて、規定の時間内に契約が完了していれば、後は好きな時間に振込ができるので即日融資ももちろん対応しているのです。

 

またむじんくんでの契約後の場合はその場でカードが発行されるので、これは通常通りに即日融資を受けることができます。このようにアコムでは土日祝日でもWEB申込かむじんくんでの即日融資を受けることができます。

アコムのキャッシングを他社と比べてみた

アコムを取り巻く業界再編の縮図

アコムとアイフルは一見同じような会社に見えますが実は多くな違いがあります。それは母体。アイフルは経営母体を持たない消費者金融と言う分類に入りますが、アコムの場合は経営母体が三菱UFJフィナンシャルグループという消費者金融になります。

 

プロミスは三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスですし、その子会社がモビットという縮図になっています。

 

またアコムの場合は、業界唯一のクレジットカードの発行も行っており、キャッシングと併用して買い物などを行いたい人には便利なカードを発行しているという事が言えます。

 

その上、両者の業績を比較した場合、業界トップであるアコムの圧勝という事が言えます。言いかえれば、それほどの人が利用している実績があるという事。なので信用する事ができるできる会社と言っても良いと思います。

 

では、金利に大きな違いがあるのかと言うと、実際の所、さほど大きな開きまないようです。しかし、返済方法を見てみると少し違った点に気付きます。

 

アコムの場合「定率リボルビング方式」と言う返済方式を採用しています。その方法は、残高に対して最低返済金額が一定の賭け数で決まってくる方式。そして、アイフルの返済方法はと言うと「借入残高スライド元利定額リボルビング返済方式」と言って、借入残高が減ると毎月の返済金額がスライド上に減って行く方式になっています。

 

すなわち、両社の返済方法を比べるとアコムの方が最終的に安く返済を終える事が可能になってくるのです。以上のようにアコムとアイフルには、経営母体の違いのほか、返済方法の違いもあります。また、手数料ににも多少の違いがあり、一見同じように思える両社ですが、詳しく見ると違いが見えてきます。

サービスの充実してきたアコムの申込

当編集部では様々なカードローンの調査・申込体験などを経て利便性の比較をしてきましたがその中でもアコムはやはり利便性の高いものでした。もちろんカードローンとしての知名度はピカイチなのですが、人気の金利ゼロキャンペーンも恒久化されて通常サービスの一環となっています。

 

金利も消費者金融では低めに設定されており、銀行カードローンと比べてみても利息の金額自体はほぼ変わらないような状況になっているので金利ゼロサービスと合わせるとアコムの方が利息が少なくなる場合も多々あるのです。

  • 10万円を借りて3ヶ月で返済した場合のアコムと三菱東京UFJ銀行カードローンの利息を比較してみる
- 1ヶ月目(返済4万) 2ヶ月目(返済3万) 3ヶ月目(返済3万) 利息合計
アコム 金利ゼロにてなし 888円 444円 1,332円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1,200円 720円 360円 2,280円

インターネットでニーズのあるこのくらいの金額の借り入れなんかは審査・融資スピードもそうですが意外に利息もアコムを選ぶと正解なようです。

アコムのキャッシングってどう?

お金が必要な時には、便利なキャッシング会社が幾つかありますが、アコムはそんなキャッシング会社の中でも非常に利用しやすい会社です。

 

勿論、アコムの審査は非常に早く、宣伝等でも「30分で審査結果がでる」と紹介されるように、本当に30分で審査の結果出るアコムです。(審査する人物・審査開始時間帯により審査結果が遅くなる場合もあります。)

 

例えば、朝9:00に申し込みを完了するとすれば、その日の朝10:00にはもう審査の結果が出て、確認電話となるので、次第即日融資希望であれば平日14:00までにオンライン契約完了していれば振り込みがされます。

 

つまり、アコムでキャッシングすると、本当に30分で審査が終了し、尚且つ瞬時に振り込みされるので、「急ぎでお金を用意しなくてはいけない」とか、「今日中にお金はいる」と言う際にも最適なところなのです。

 

しかもコールセンターのスタッフも非常に対応が良く、気持ちよく融資を受けられる会社であると思います。

 

勿論、アコムを初めて利用すると言う方でも申し込みは簡単ですし、審査も何らかの問題が無ければ通りますから(少し審査は甘め)、よほどのブラックな事情がある方以外はアコムの審査が通らないという事はないと思います。

 

ちなみに、ブラックな方が申し込みしても、無視せず、ご丁寧に「今回は希望に添えません」と連絡が入るほどの会社なので、非常に親切で礼儀正しい会社であり、信頼性も高い会社の一つだと思います。

 

アコムの審査もやはり他金融会社同様に仕事内容や収入面は、審査ポイントとなりますが、アコムはパートやアルバイトの方でも親身に話を聞いてくれて、尚且つ力になってくれる可能性が高いので、「収入が低いから無理かも‥」と言う方でも申し込みする価値大だといえるでしょう。

 

融資を受ける、キャッシングを申し込むには、やはり色々と事情があるわけですが、そんな事情もしっかりと丁寧に聞いてくれるのが、このアコムではないかと思います。

 

殆どのキャッシング会社が職業や年収を比較的重要視する事が多いですが、アコムの場合は、収入が低い、パートと言う場合でも非常に親切、丁寧な部分が個人的には、お勧めの部分です。

 

しかも申し込みブラック、事故者等でも丁寧な対応で、非常に優しくお断りされるので、気分を害することなく、しょうがないと思えてしまうのもこの会社の非常に良い部分だと思います。

 

初めての方、他社利用がある方、いずれも困った時には親切、丁寧に対応してくれるアコムですので、今日中にお金をなんとかしたい!という方は、まずはアコムで申し込みを検討してみましょう。

アコムを主婦が借りるための方法や条件

主婦の方でも、アコムを利用する事はできます。ただしそのためにはいくつかのポイントがあります。まず最初に、主婦と言っても専業主婦とパートをしている主婦などにわかれると言えるのではないでしょうか。まず専業主婦の方はアコムの利用はできません。

 

というのもアコムを主婦が利用するための条件の一つに、パートやアルバイトなどで安定収入があるという条件があり、専業主婦の申し込みは断っているからです。

 

専業主婦で収入が全くないという場合には、例えば夫の収入が良いとしても、ご自信でお金をアコムにて借りるという事は難しいと考えてください。アコムを主婦が利用するには、前述のような安定した収入があるという事、また配偶者にも安定した収入があるという事、そして最後に配偶者の同意を得ている事、この三つは必ずクリアをしていないといけないと言えるでしょう。

 

このように、主婦の方がアコムを利用するのは、多少ハードルが高いと考えられるのではないでしょうか。ただ、安定した収入というのは決して額が大きくないといけないというわけではありません。ですから、週4日程定期的にパートやアルバイトをしているという感じであれば、そこまで心配をする必要というのはないのではないでしょうか。

 

また、もちろん正社員の方、派遣社員兼主婦という方も安定した収入があるとみなされます。これから主婦の方でアコムを利用したいとお考えの方は、これらの事を是非参考にしましょう。そうする事で、きっとどうしたら主婦でも借入ができるのかという事がわかり、アコム利用に踏み出す事ができると言えるのではないでしょうか。

 

主婦では絶対にアコムなどで借入をする事はできない、なんていうイメージを持っていた方もいらっしゃるとは思いますが、このようにハードルは低くないながらも、絶対にできないというわけではありませんから、認識を改めてみて損はないのではないでしょうか。どうぞこの知識を今後役立ててみてください。

アコムで採用されているリボ払いは定率リボルビング方式

アコムの返済方法は?

リボ払い」という言葉を聞いたことはありませんか。クレジットカードや銀行などでよく使われるこの言葉は、いわゆるアコムへの返済においても使われるものとなっています。アコムへの返済方法としては、大きく分けると

  • 一括返済
  • 分割返済

の2種類が用意されています。一括返済はその名の通りアコムからお金を借りている分に対して一括で返済を行うというものであり、分割返済に比べると適用される利息も少なく、トータルの支払金額についても安く抑えられるというメリットがあります。

 

しかし、その分一度にアコムに支払う金額も大きくなることからほとんどの人が分割での返済を選択することになります。このアコムへの分割返済を行う場合に、「リボ払い」というものになります。

アコムの定率リボルビング方式

リボ払いとは、正確にはリボルビング払いというものであり、アコムでは「定率リボルビング方式」という方式が採用されています。このリボ払いの特徴は、毎月決められた金額をアコムに支払うという点にあります。毎月一定の金額をアコムに支払うことになるので、返済計画なども立てやすいという利点がある反面、アコムから借り入れている融資残高がある限り返済が続くという側面も持っています。

 

もちろんこれはある意味当然の話なのですが、ただ毎月決められた金額だけを支払っていると、なかなかアコムで借りた分の返済が終わらないといったことにもなりかねません。

アコムのリボ払い

アコムのリボ払いは先述の通り「定率リボルビング方式」となっており、融資を受けた金額に応じて一定の割合を率として計算し、そのう割合から毎月の返済額を決めるというものです。そのため、アコムから融資を受けている借入残高が減ってくればその分毎月の返済額も少なくなるということになります。

 

また、リボ払いで決められている毎月の返済額についてはあくまでも最低返済額ですので、ここで少しでも多めに支払う回数を増やせば、それだけ返済も楽になるということも覚えておきましょう。

銀行のカードローンにはないサービスがアコムにはあります。三大消費者金融の中でもプロミスと争うほどのサービスなのです。

 

またアコムには他の三大消費者金融にはないクレジットカードアコムマスターカードがあるのが強みですね。クレジットカードの申込とカードローンの申込をあわせると業界最大になります。

 

アコムは三菱東京UFJ銀行系ですが楽天銀行の口座を持っていると融資・返済ともに便利です。

更新履歴